肌荒れ対策

肌荒れ対策

細胞分裂に必要な成分である亜鉛が不足すると、肌荒れを生じることがあります。肌はつねに代謝しており、新しい細胞が作りだされないとトラブルを引き起こすからです。不足すると肌のカサつき、敏感肌、皮膚の炎症などを伴いやすくなります。

 

ターンオーバーのサイクルが乱れ肌がごわつきやすい、肌の再生が遅いと感じる場合は亜鉛不足を疑う必要があります。1つ1つの細胞が古くなれば垢となり剥がれ落ち、そして次々に新しい細胞が生まれるのが正常です。しかし亜鉛が足りないと古い細胞がいつまでも留まったり、逆に新しい細胞の再生力が低下して炎症が収まらないといった症状も起こりやすくなります。

 

また、大人ニキビの改善にも亜鉛は役立ちます。新陳代謝が上手くいっていれば古い角質が毛穴を詰まらせることはありません。ターンオーバーを正常にするためにも亜鉛摂取をおすすめします。

 

この新陳代謝の低下はシミの原因となるメラニンの蓄積にも繋がります。肌は通常28日サイクルで生まれ変わるのですが、亜鉛が不足することによりサイクルが乱れると、メラニンが肌に長期間留まりシミやソバカスを引き起こします。

 

美肌のためにはビタミン類の摂取をとよく聞きますが、亜鉛は細胞の生まれ変わりを促進するため、細胞から若々しくなる効果が期待できます。